【緊急】赤ちゃんの肌荒れを緩和するクリームの使い方

赤ちゃんの肌は乾燥に弱く乳児湿疹を引き起こしやすいです。乳児湿疹対策には気軽にたくさん使えるベビーローションがおすすめですが、緊急時には大人用の保湿クリームでも大丈夫!そうした乳児湿疹の対応の方法をご紹介します。
MENU

乳児湿疹をはじめ赤ちゃんの急な肌荒れに悩むママはたくさんいます。

 

病院に行って医師からステロイド薬をすすめられた場合も、ママとしては敏感でデリケートな赤ちゃんへの副作用が心配ですよね。

 

そうならないためにも、乳児湿疹対策として保湿力が高く、低刺激なベビーローションが有効なケースがあることを知っておきましょう。乳児湿疹の原因と対策(緊急時)をご紹介していきます。


乳児湿疹の原因

 

赤ちゃんにできる湿疹を総称して乳児性湿疹と言いますが、その中でも最も多い湿疹がこの乳児脂漏性湿疹です。

 

乳児脂漏性湿疹の特徴としては、まず体ではなく頭皮、おでこ、ほっぺた、眉毛付近など首より上の髪の毛に近い部分にできるもので、黄色いかさぶたのようなものからフケのようなカサカサしたものがあります。

比較的多くの赤ちゃんの生後3ヵ月~4ヵ月くらいまでに見られ、肌の機能が落ち着くとできにくくなります。

 

 

生後二ヶ月までは特に気を使う

生後2ヶ月までの乳児は皮脂の分泌が旺盛。

 

皮脂が毛穴に詰まることでできるのが新生児ニキビ。

皮脂が真菌に分解し、遊離脂肪酸が形成され乳児の肌が炎症を起こす場合は脂漏性湿疹に繋がってしまいます。
主な原因は皮脂の過剰分泌なので、1日に一度のお風呂で乳児の肌をきれいにしてあげることが乳児湿疹対策として効果的です。

 

しかし、皮脂を取り除きすぎると、乳児の肌を乾燥にさらすことになります。皮脂の除去と同時に、保湿ケアでしっかり乾燥対策をしないと、後述のような乾性湿疹を引き起こす可能性があります。

 

 

生後3ヶ月以降は保湿を丁寧に

生後3ヶ月以降、乳児は皮脂の分泌が減少。もともと乳児の肌は大人の半分程度なので、乾燥に弱い性質を持っています。

乾燥が原因で肌が荒れて菌が入ると、炎症を起こして乳児湿疹になりやすいのです。

 

また、皮脂が多くても毛穴はまだ未発達であり、さらに肌のバリア機能が完成していないので菌が繁殖しやすくなっています。

しかも肌の新陳代謝も活発なため、皮脂が過剰に分泌され、余計に湿疹もできやすくなるんです。

 

保湿や乾燥対策はベビーローションがおすすめ

 

赤ちゃんの場合、皮脂が盛んに出てくるからといって、頭皮や顔をゴシゴシ石鹸で洗ってケアするわけにはいきませんよね。

そのため、対策としては黄色いかさぶたができていたら優しくとってあげたり、髪に絡んでいたり頑固な塊の場合には、お風呂で水分を含ませたりベビーオイルなどを塗って柔らかくしてとってあげましょう。

 

 

緊急時は敏感肌用クリームやアイクリームなどで一時的に保湿

過剰に分泌される皮脂が原因であっても、原因そのものは解消できないので、こまめに皮脂をふいてあげたり清潔にしておくことが大切です。

ただし、過剰にケアしたり対策を行っていると、かえって肌を傷つける場合もあるので注意しましょう。

 

緊急時には敏感肌用の大人の保湿クリームや口元や目元に対応するアイクリームなどで一時的でも保湿をしっかりと行いましょう!

このページの先頭へ