フレシャス/ウォーターサーバー導入のメリットは?

フレシャス/ウォーターサーバー導入のメリットは? オシャレなママにも人気のフレシャス♪赤ちゃんもつい笑顔になってしまうオリコン顧客満足度ランキングNO.1実績の評判や口コミの真実をお伝えします!
MENU

生活の水を変えるだけでこんなにメリットが!?

育児をしていて、常に付きまとうのが赤ちゃんの動きに敏感になること。家事や電話、忙しい時に限ってなきだしたりと本当にペースが崩されて大変ですね。

 

ミルク作りや料理なんかもフレシャスのウォーターサーバーがあれば、安全で時間にも余裕ができるのでメリットが見込めます。
あまりこうぱっとイメージがわかないのですが、フレシャスのウォーターサーバーの使い方は飲み水用だけではありません。温水と冷水両方使えるので、コーヒーや紅茶を淹れたり、料理に使ったり、使い方は様々。フレシャスのウォーターサーバーのお水でご飯を炊くとふっくら美味しく仕上がります。お財布にも優しいフレシャスのウォーターサーバーは、日々の生活を便利で快適にしてくれるメリットだらけ。ここでは、フレシャスのウォーターサーバーのおすすめ活用方法をシーン別にご紹介します。

 

料理にも最適なウォーターサーバー

 

毎日育児や家事で忙しくて、湯沸しも面倒に重く感じてしまうことはありませんか?

 

ウォーターサーバーはすぐにお湯が出せるので、コーヒー、紅茶、カップ麺やお茶漬け等がすぐに作れて、時間のない方にこそ本当にメリットだらけなんです。常にお湯が出るから赤ちゃん用のミルク作りもあっという間! ママさんも大助かりです。そして、ご家庭のキッチンでも大活躍! 料理こそウォーターサーバーの本領を発揮してくれる所です。軟水は煮物やお出汁、ご飯を炊くのにもぴったり。素材の味わいを大きく引き立てるのは、良質な天然水です。毎日の料理も楽しくなり、メリットだらけ♪

 

意外と経済的なウォーターサーバー。電気代はわずか1日30円ほど

 

意外な事実かもしれませんが、市販されているミネラルウォーターを購入している方は、ウォーターサーバーにすればメーカー直送なので水代は安くなることが多いです。もちろん家庭での使用料にもよりますが、冷蔵庫の開け閉めや湯沸しのガス代が減り、ジュースや缶コーヒーの購入などが減ることで、意外と節約になるケースもあるようです。また、フレシャスのウォーターサーバーの一般的な電気代は、家庭用の電気ポットとほぼ同じで一日約30~40円。また省エネモードが搭載されているので、家計においてもこのメリットは嬉しい限りですね。

 

定期的に届けてくれるから重たい思いも買い忘れの心配もなし!

 

日々の買い物のたびにペットボトルの水を何本も購入すると重い荷物になるだけでなく、ごみも増えて大変です。そんな方にはウォーターサーバーの導入をおすすめします。ウォーターサーバーなら業者が定期的に自宅まで届けてくれるシステム。 毎日のお買い物が楽チンになると同時に、 特にフレシャスのウォーターサーバーはウォーターパック方式のサーバーなので、小さくたたんで廃棄することが可能。ペットボトルのようにごみがかさばらないので、ママさんを中心にエコで楽ちんなメリットが人気を集めています。

 

赤ちゃんの健康と安心からママさんの美容まで家族全員に大きなメリットが!

 

ウォーターサーバーの多くのメーカーが水に含まれる放射性物質や細菌などの検査表を公表しています。また水質が軟水であれば、赤ちゃんや小さなお子さんでも安心してご利用いただけます。最近では、産地直送の天然水を使用したものも多く出回っていて、美容を気にする女性や働き盛りの男性など、健康志向の高い方には天然水がおすすめです。毎日飲む水だからこそ、ミネラル成分を含んだものを選びたいですね。

 

まとめ

 

いかがでしょう!? たった生活における水を変えるだけで、これだのメリットを教授出来るのです。妊娠、出産、育児としていく中でフレシャスが一番活躍出来るのは、妊娠中のプレママさんかな~と思います。
お腹の中の赤ちゃん(胎児)って90%くらいが水分で出来ているんですって。
だから妊娠中にも安全なお水を飲むことは大切だと思うのですが、ウォーターサーバーを使うとボトルのセッティングが重くて大変なんですよ。

 

フレシャスの場合はパックを交換する頻度は高くなりますが、重いボトルを持ってお腹の赤ちゃんに負担がかかるよりはかなり良いのかな~と感じました。赤ちゃんを出産してからも、暫くはミルクを作るだけなら大量に水を消費する事もないだろうから、フレシャスで十分対応できる感じがします。

 

ただ、赤ちゃんが大きくなって、お水をガンガン飲むようになるとやっぱり12リットルのボトルのぼうが手間がかからないで良いかもしれません。今すぐ導入するといいでしょう。


このページの先頭へ